第46回 少年少女講習会の様子 |

第46回 少年少女講習会の様子

8/17/、8/18に行いました少年少女講習会のご報告をさせて頂きます。
当初どれ位の子供達が参加して下さるか心配しておりましたが、総勢45名の参加者、40名程の指導員の方が静岡市足久保にございます新光明寺様へお集まり下さいました。

まずはオリエンテーション。『楽しい中にもメリハリと助け合い』
『阿弥陀様とお念仏』
と二つをテーマに取り組ませて頂き、
ここでの生活の約束事などをみんなで確認!

 開講式 初めてのお経です。
まだお経に慣れないながらも一生懸命取り組むみんな、分からない子には指導員が隣について、優しく教えてくれます。
教化団長・北山大超上人よりこれからの一泊二日ここでの心構えをしっかり頂いて子供達も身が引き締まります。引き続き法式講習。
合掌・礼拝の仕方、お経の読み方、行道中の歩き方と子供達には少し堅く、頭のいたい説明が続きましたが私達も驚くほど真剣に説明を聞き、取り組む姿は関心そのものでした。
真剣に仏様にお勤めをした後のかき氷タイム

暑い暑い中でのかき氷は何とも格別。
三杯も四杯も食べる子も・・・。
 さっき教わった事を踏まえてのお勤めです。
まだ慣れませんが、大分読めるようになってきました。ここでお導師より有り難いお話を頂きます。
子供達も真剣ですがお導師様も子供達の事を考え、短い時間で出来るだけ分かりやすく解いて下さりました。
ここで班ごと別れ、役割分担を決めてのカレー作り!

野菜を切る人、火を付ける人、あ~でもない、
こ~でもないとみんなで考えながら
オリジナルのカレーを作ります。始めて見ると中々お湯が沸かない班、
早く出来上がってしまう班、
みんな周りの班が気になって仕方ありません。しかし、煙かった~!
服は煙のにおいでイッパイです。


 出来上がったら一度風呂へ。
風呂は静岡の名湯・美肌湯へ向かいます。
サッパリした後、お寺に帰ってお楽しみの食事タイム。やっぱり自分達で作ったカレーは格別の物でアッという間に各班のカレーは無くなってしまいましたが、そこはさすが会長!こうなる事を見越して前日から子供達のためにハヤシライスを作って来て下さいました。また、子供達が風呂へ行っている時に風呂にも入らず人数分のウインナーを焼いて下さった諸先輩方のお陰で子供達も大満足!!
そして、今回最も肝心要の儀式である「ともし火の集い」子供達もしっかりとメリハリを付け、
顔は真剣そのものです。

大変荘厳であり、
ロウソクからロウソクへ暗闇の中、
仏様より伝わった灯の尊さ、
阿弥陀様の光明の有り難さを
共に分かり合い、
大きな声で
礼拝・お念仏を称える事が出来ました。



 しっかりやった後はお楽しみ。今回一番人気でした花火大会です。
みんなが手持ち花火をしている時に急に始まった打ち上げ花火に、子供達も何も知らなかった指導員も呆気にとられ、終わった時には歓声が。私自身あそこまで大きな花火を間近で見た時には大変感動いたしました。一生懸命安全を考慮して用意、着火をして下さって諸先輩方、誠に有り難うございます。
お陰様で子供達にとって大きな思い出を持って帰ってもらう事ができました!
タップリ遊んだ後、
暗くなった本堂での就寝タイム。
興奮冷めず中々寝付けない子もいましたが
指導員が話し相手となり、
走り回って寝ている子達の迷惑になる事も無く
、一人寝て、二人寝て・・・
気がつけばみんな朝までグッスリ。

 朝6:30起床。洗面を終えみんなで気持ちよい朝を迎えてのラジオ体操

終わったと思ったら二人の指導員が
この日の為に覚えてきてくれた今流行の

「マルモ体操」

を披露!
子供達も喜んでいましたが、
これには指導員も大喜び。

さあ、目も覚めて掃除をした後は、
朝のお勤めです。子供達も慣れてきたのか、
言わなくてもお経本を持って集合。
最初の頃は恥ずかしかったお経ですが、
二日目にもなると
読む声にこっちが圧倒されてきました。ここで今回、会所としてお借りいたしました
新光明寺 副住職 山本泰祐上人
より挨拶・お話を頂きました。



 朝食を取っていよいよレクリエーション(西ヶ谷総合運動場屋内プール)です。
やはりみんな楽しみにしていたのか
早く行きたくて仕方ありません。

このプールは室内ではありますが、
大きなウオータースライダーや、
滝など子供達にも大好評。

ずっとウオータースライダーで遊ぶ子、
指導員と一緒に遊ぶ子、
遊び方は様々ですが
ルールをしっかり守って遊ぶ子供達.

こっちが感謝の思いでイッパイです。

帰ってきてから最後に行う予定でしたが、
後に市民文化会館にてミラクルキッズを観劇しての解散となる為、繰り上げての閉講式、教化団長お導師のもと最後のお勤めと言う事もあり今までで一番大きな声、取り組む姿勢に指導員一同大変感動いたしました。
また、団長より修了証の授与が行われみんなホッとした表情。
 みんなが帰る支度をしていたその時、
どこからともなくマジシャンの登場です。
このマジシャンもこの日の為に一生懸命練習を積んできてくれました。
驚かせながら、バレながら、子供達の心をつかみます。
マジシャン自身予想を超えるほどの大成功に終わり大人気。
やっとお昼!
の前にみんなに感想文を書いてもらいます。終わった後ゆっくり読ませて頂きましたが、
楽しかった事、
次回やりたい事、
好きな先生、
本当にいろいろな意見が出て
改善する点も多々ありますが、
どの子供達もみんな『楽しかった』と書いてくれていた事に
私もやっとここに安堵の胸を
なで下ろす事が出来ました。


 お昼を食べ、とうとう最後のミラクルキッズへ。ミラクルキッズはとてもスケールの大きな人形劇によって、法然上人が幼少時代の頃を、分かりやすく笑いも交えながら、有り難さを伝えて下さいました。

当日はプールにも行ったり、お勤めも有り、移動時間も長い中、睡魔に襲われるのではと心配しておりましたが、最後まで飽きる様子も無く、集中してみる事が出来ました。

今回子供達にとって楽しい事もありましたが、その分大変だった事も多くあった事だと思います。しかし、そんな中にも今回の「楽しい中にもメリハリと助け合い、阿弥陀様とお念仏」と言うテーマの中で本当に子供達は約束を守り、助け合い一緒になって事を進める姿には心を打たれました。また足が痛い中にも正座を我慢し、法要を勤める姿・お念仏をお称えする大きな声は大変有り難い事であり、この少年少女講習会の素晴らしさを再確認させて頂きました。
また、男性指導員・女性指導員一人一人が子供達に気を配り、積極的に接し、子供達が安全に楽しく行う事が出来た事が何よりでございます。そして、今回見えない所での食事や花火、数々の準備を引き受けて下さいました諸先輩方には会員一同心から御礼申し上げます。来年も第47回少年少女講習会を開講させて頂く予定です、いったいこの講習会はどういった内容か分からないと言う保護者の皆さんも多くいらっしゃるかと存じます。差し支えなければこのHPからプリントアウトするなり活用して頂ければと思います。私たち浄青会員一同、子供達の安全第一に楽しく誠意を持って取り組ませて頂きます。少しでも多くの方のご参加を楽しみにしております。
合 掌事務局 川村 良元