今月の言葉【令和3年7月】 |

今月の言葉【令和3年7月】

 

今月の言葉は『こつこつ』です。

 

「たゆまず努め励むさま」を表す言葉です。

この『こつこつ』という言葉には似た意味を持つことわざや四字熟語が数多くあり、いずれもこつこつと努力した先に成功があるという意味を表す言葉です。

 

この「長い時をかけてこつこつと」というところに関連したお話があります。

 

『一劫』、きわめて長い時間を表す仏教用語ですが、この『一劫』がどれほどの時間なのかを説いたお話が『雑阿含経』にあります。

天女が大石を羽衣で百年に一度払い、その石が摩滅してもまだ終わらない長い時間を『一劫』といいます。

この大石を様々な障害と置き換えることができるのではないかと私は思います。

どんなに時間をかけてどんなに頑張ってもその大きな石には何も変化がないように見えてしまうかもしれませんが、確実に着実に少しづつ削れています。

 

マイペースに『こつこつ』と積み重ねていく。

そういった肩の力を抜いた考え方もたまにはいいのではないでしょうか。

 

浄信寺 山口智光